息を吐くたびに、君だけの追想を言葉にしてくれ。

s107_6.jpg

かなしみとよろこびの涙を拭き、
光のすこし見えるあの方へ、
手を伸ばして、もう一度始めよう。
スポンサーサイト